プレスリリース

発信者情報開示請求訴訟において
違法アップローダーの氏名等の開示を命じる判決下る

2019.03.06

日本レコード協会

2019年2月12日、東京地方裁判所はインターネットサービスプロバイダ「ソフトバンク株式会社」に対し、ファイル共有ソフト「Share」および「BitTorrent」を利用してインターネット上に大量の音楽ファイル(以下、「音源」という)を継続して違法にアップロードしている4つのIPアドレス利用者の氏名、住所等(以下、「発信者情報」という)を音源の権利を有する当協会会員レコード会社に開示するように命じる判決を下しました(2月27日判決確定)。

本件は、当協会会員レコード会社がインターネットサービスプロバイダ14社を対象に、自らが権利を有する音源をファイル共有ソフト「Share」および「BitTorrent」を利用して許諾なくアップロード(公開)している者に対し、著作隣接権(送信可能化権)侵害に係る損害賠償請求等を行うため、「プロバイダ責任制限法」第4条1項に基づき26のIPアドレスを利用してインターネットに接続していた者の氏名、住所および電子メールアドレスの開示を昨年7月より求めていたものです。そのうち19のIPアドレスについては任意に発信者情報が開示されましたが、ソフトバンク株式会社が同社のサービスを利用する4つのIPアドレスについて発信者情報の開示に応じなかったため、昨年12月、当協会会員レコード会社が東京地方裁判所に発信者情報開示請求訴訟を提起していました。

当協会会員レコード会社は2013年から2017年までの5年間に、ファイル共有ソフトを利用して音源を違法にアップロードしていた130名について、インターネットサービスプロバイダに対して発信者情報開示請求を行いました。その結果、97名は訴訟によらず発信者情報が開示され、任意に開示されない場合には発信者情報の開示を命ずる判決を得て、最終的に全件発信者情報が開示されております。

なお、当協会会員レコード会社は開示された発信者情報に基づき、代理人弁護士を通じて違法アップローダーとの間で「今後著作権侵害をしない旨の誓約」および「損害賠償金の支払い」に関する協議を随時進めております。

 

当協会および当協会会員レコード会社は、音楽配信市場の健全な発展とこのような著作権法違反行為の撲滅のため、今後もファイル共有ソフト等を利用した権利侵害行為への対応を積極的に進めてまいります。

以上

  • “什么都能省,研发经费不能省”(新时代的奋斗者) 2019-05-27
  • 2017年度妇联改革任务全部完成 2019-05-27
  • 很容易让人联想到是这个女人的错,而杨杨忽视其背后有很复杂的原因。 2019-05-26
  • 砀山现象:打造互联网特色小镇新样本 2019-05-19
  • 我们的节日2018端午——华龙网 2019-05-19
  • 云南大学:努力开创边疆民族地区建设一流大学之路 2019-05-12
  • 儿童家具质量抽检三成不合格 家长选购需注意 2019-05-12
  • 中国球迷如何参与世界杯? 竞彩游戏开售全部64场比赛 2019-05-11
  • 网传西安一卡通公司任性回复留言 回应称遭恶意篡改 2019-05-09
  • 花200块当一次用水晶杯喝酒的贵族 2019-05-09
  • “海论十年 精彩无限”海峡论坛十年故事汇在厦门举行 2019-05-06
  • 候选企业:中国东方航空集团公司 2019-05-06
  • 徐征泽的专栏作者中国国家地理网 2019-05-02
  • 两会观察:务实与自信,展现新时代山东的新风貌 2019-04-26
  • 水银、煮沸的蚁巢、热熨斗:欧洲人的梅毒抗争史 2019-04-23
  • 425| 293| 934| 580| 284| 98| 581| 357| 441| 367|